CADの仕事






[PR]



2009年02月09日(Mon)
CADの仕事
在宅でCADの技術を活かしたいという方も多いでしょう。
CAD技術者の仕事は、CADソフトを使って設計図などを描く仕事になります。
CAD技術者は高収入を得られるということで、大変注目を浴びている仕事の一つでしょう。
CADソフトで描く設計図には工業製品や建築物の設計図などがあり、部屋の間取りもCADソフトで描くようです。
今はインターネットが普及し、CADで描いた設計図をメールに添付して送ることで納品したりできますから、在宅のお仕事として成立します。
手書きの図面を清書するCADの仕事なら、手書きの図面をメールや郵送で送ってもらい、清書した図面をメールで送れば充分行うことができます。
ほとんどがメールのやりとりで済む時代です。

在宅のお仕事としてCADを成立させるためには、CADソフトを使いこなす必要があります。
CADは特殊な技術ですから、スクールに通って技術を習得してする方もいるようです。
ただ、スクールに通うために外出するのも難しいという方もいるでしょう。
CADは通信教育でも技術を身につけることができます。
半年程度で実務がこなせるぐらいのCAD技術を身につけられる通信教育もあるようです。

通信教育でCADを学びCAD利用技術者試験1級を取得すれば、仕事をするときに大変有利になると思います。
また、子どもが大きくなって外へ仕事に出るときも、CADの技術を持っていれば事務職よりも給料が高い場合があるのだとか。
派遣で仕事をするにしても、CADを持っていると大変有利なようです。

子どもを預けて働くにしても保育園に待機児童がたくさんいるので預け先が無く働けないという方も、在宅で仕事をすれば収入を得ることができます。
ただ、仕事をするにしてもCAD技術者として働いた方が、より収入を得ることができるでしょう。
CADの技術者は今も、そしてこれからも必要とされるでしょうから、これから何かを身につけようと考えている方は、CADを考えてみても良いのではないでしょうか。